FC2ブログ

くしびばこ

2019-04-22 (Mon) 22:58
出典元:
いとこが末期がんになった

http://khmb.blog92.fc2.com/blog-entry-4594.html


666 名前: 本当にあった怖い名無し 04/09/27 12:34:22 ID:xoBMnQ8J
文章が下手なので、上手く伝わらなかもしれないけど、
オレのいとこの話をひとつ。

非常に仲のいいいとこが、25のとき末期がんになった。
人間としてすごく見ごたえのある人物だっただけに、身内一同 とても落胆した。
いとこには、当時付き合っていた彼女がいたが、心やさしい彼は 嘘をついて彼女に別れを告げた。

それから1年半がたって(抗がん剤でなんとか延命していた)が
いよいよ抗癌剤の効き目がなくなってきたらしく、ガンは徐々に 大きくなっていった。

↓↓↓↓↓↓

続きを読む

スポンサーサイト



スピリチュアルな話 | comments(0) | trackback(0) |

神の戦い

2019-02-16 (Sat) 00:11
出典元:
神さん達の戦い 【転載】 - SANALOG:Weblog雑記

http://sanadado.blog.so-net.ne.jp/2012-01-04-3


632 本当にあった怖い名無し 2009/05/30(土) 09:02:45 ID:Rj4GYdolO
俺は青森に住んでるんだけど、地元に住んでる人は知ってると思うけど青森って神様っつーか霊能力者みたいな人かなり多いよな?

俺は黒石市なんだが、前に親父の火葬で火葬場に親族一同集まった事がある。当然坊さんもくるわけ。
そんででかい待合室の隅の喫煙所でタバコ吸ってたら坊さんも一服しにきたんだよ。
そんで結構坊さんの話って面白いんだよなw

↓↓↓↓↓↓

続きを読む

テーマ : 哲学/倫理学
ジャンル : 学問・文化・芸術

スピリチュアルな話 | comments(0) | trackback(0) |

不思議な世界

2015-03-14 (Sat) 15:36
出典元:
不思議な体験したやついたら話聞かせて

http://viper.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1424116670/


1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/17(火) 04:57:50.65 ID:6v9NIXC4K.net
些細なことでも構わないから

5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/17(火) 05:00:05.75 ID:sh4HRHAB0.net
小学生のとき学校の帰り道で、その道普段バス通らないのに
バスが通ってさらに俺のとこで止まってバスガイドのお姉さんが
降りてきて、俺に「乗ってきますか?」って聞いてきた
もちろん断ったけど乗ってたらどこ行ってたんだ

7: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/17(火) 05:01:32.49 ID:Ro20w8vQ0.net
>>5
こわい


↓↓↓↓↓↓

続きを読む

スピリチュアルな話 | comments(3) | trackback(0) |

2012-11-08 (Thu) 21:39
出典元:
神界と日本と世界

http://ameblo.jp/re1ou/day-20120309.html


世界人類の意識は4次元以降にすべてある
ということは心の世界で肉体のある距離や人生や人種は違おうとも影響しあっておる


そして次元の高い魂は低い魂を呑み込む
日本人の魂が6次元で外国人の魂が5次元であれば、霊的世界の意識の部分で日本人の意識は外国人の意識を巻く

日本人の心がクスメばいくら外国人が清らかにと努めてもかなわん。


透明な水に墨を落とされることと同じ原理であるわ

そのかわり逆は決してない

外国人が心をくすましそれが日本人に影響することは無い、というよりむしろ日本人の意識が清らかであれば下の魂である外国人がくすむことはないし、くすんでも浄化できる

(中略)

で、最近わかったのは日本人の中にもまだ高い魂の人間がおるということ

つまり日本人の魂が6次元ならばその中には7次元8次元の魂どもがおり、その者の影響を日本国民もうけ、その国民の意識はあの世で外国人の意識を波動にて影響させよる





何となくすんなり納得がいったお話。
墨の例えがいい。
黒髪黒目の日本人。

テーマ : 精神世界
ジャンル : サブカル

スピリチュアルな話 | comments(2) | trackback(0) |

寺生まれのTさん

2012-08-07 (Tue) 00:28
出典元:
寺生まれのTさんとは

http://p.tl/6LIP


「夜釣り」

俺は夜釣りに出かけた。
ある日、遊びの予定がキャンセルになった俺は秘密の釣り場で夜釣りを楽しむ事にした。

街から少し離れた所にある橋で、静かでよくつれる俺の穴場。
その日も良く釣れ、しばらくした頃、全身に寒気が。
何か恐いな・・・そう思いつつも入れ食い状態のその場を離れる気にもならず夜釣りを楽しんだ。

「あなたも釣りですか?」
後ろから声をかけられた、振り返るとそこにはサラリーマン風の中年男性が。

「えぇ、ここよく釣れるんです」
「えぇそうらしいですね」
「あなたも釣りですか?」
「・・・まぁそうですね」
話していくうちに段々と俺は違和感を感じた。
男性はどう見てもスーツ姿、とても釣りを楽しむ格好じゃない、こんな所でなにを・・・

↓↓↓↓↓↓

続きを読む

スピリチュアルな話 | comments(0) | trackback(0) |