FC2ブログ

くしびばこ

昭和天皇の知られざる実像

2011-07-20 (Wed) 23:35
出典元:
昭和天皇の知られざる実像

http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/18934657.html


↑上記のブログエントリーには、「マッカーサーと対峙した時の昭和天皇につい」て、様々な文献を元に、書かれています。

普通の知識として知っていたのは、
「とりあえず、 『戦争は全て私の責任なので、私を如何様にもして下さい。私はどうなっても構いませんから、国民を助けて下さい』 のような趣旨を言ったこと」と、
「マッカーサーが昭和天皇を、 『日本一の紳士』 と言ったこと」
でした。

その通りですが、その、更に詳しい内容が描かれています。

最初に、
三上教授の講演の言葉
これについて、辻井圭三氏(キリスト伝道会「活水の群」副理事長)が、
「この件については、第二回目の通訳をされた、内閣情報局総裁であり戦後外務次官も務められた奥村勝蔵氏を通じて、私は詳しく伺いました」
と書いていて且つ三上教授の言っている通りであると述べているということです。

次に
マッカーサーの証言
『マッカーサー回顧録(1963年)』からの出典のようです。

最後に
侍従長の証言
藤田尚徳著書『侍従長の回想(1960年)』からの出典のようです。


終戦時において、占領軍の、昭和天皇に対する処分(っていう言い方はアレだけど・・)は4つあったそうです。
1つ目は東京裁判に引き出し、絞首刑にする。
2つ目は共産党を利用して、人民裁判の名において血祭りにあげる(←怖えぇ・・
3つ目は中国へ亡命させて中国で殺す。
4つ目は一服盛って毒殺する

どう転んでも、昭和天皇は弑し奉られる運命にあったのだそうです。

そしてもうひとつ、
割腹自刃の計画が三度あり、昭和天皇のお母さん(貞明皇太后)はそれを止めようと、目を光らせていたそうです。

↑↑↑
とりあえず、コレの知識は全然ありませんでした。
初めて知りました。
事実なのかそうでないのかは分かりませんが、
もし事実なのならば、何故ほんの少しでも教育しないのか とても不思議です。
戦争前は天皇陛下万歳!過ぎて、道をはずれてしまったから、
今度は謙虚にあるべきと、
少しでも天皇を良く表現するものを(例えそれが事実あったことだとしても)ことごとく隠して 謙虚さを失わないように、との意図であえて教育されていない・・ということなんでしょうか。。
確かにまぁ、学校とか人に「教えられ」るより、偶然自分の手で得た知識、の方が心に響くかも。
「ああ、そうだったんだ!真実を知った・・」みたいな衝撃のある知識吸収。
テストに出るぞって言って無理矢理覚えさせられる場合のとは全然違いますね。


さてさて。
一番上のURLのブログエントリーの内容です
↓↓↓↓↓↓

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 天皇陛下・皇室
ジャンル : 政治・経済

皇室 | comments(0) | trackback(0) |